Interview with atmos Yuichi Sato x Kinetics Koji


Photo01 - Interview with atmos Yuichi Sato x Kinetics Koji

atmos 佐藤氏とKinetics Koji氏は昔から交友関係があり、過去に何度かジョイントワークを行なってきたが、今回NIKEのエクスクルーシブモデルを制作にするにあたり、再び佐藤氏からKoji氏にデザインを依頼し完成した「NIKE AIR MAX 1 “Camouflage Collection”」。
今モデルの完成までと個人的なスニーカーに対する価値観をインタビュー。

- NIKE AIR MAX 1に対する思い入れ(セレクトした理由)は?

atmos 佐藤氏(以下:佐) atmosとNIKEの関係で最初にエクスクルーシブモデルをリリースさせてもらったのが、「AIR FORCE 1」と「DUNK」でした。
その後、atmosが進化していく上でターニングポイントになったのが、「AIR MAX 1」のエクスクルーシブモデルで、当時「AIR MAX 1」はそんなにフォーカスされてなく、好きな人は本当に好きという感じで、スニーカーカルチャーの中でもコアな方でした。その中で「AIR MAX 1」を仕掛けたことによってストリートに浸透し、多少なりともインパクトが与えられたのかなと。

- それが「AIR MAX 1」の初エクスクルーシブモデルですね。

 通称「SAFARI AIR MAX 1」ですね。

- 近年では「FREE」だったり「AIR FOOTSCAPE WOVEN」のエクスクルーシブモデルをリリースしてきたと思いますが、このタイミングでまた「AIR MAX 1」をセレクトした理由は?

 前々から「AIR MAX 1」でやりたいという気持ちはあったんですけど、戦略とうまく咬み合わない部分があったのでやりたくても出来ないという状況でした。そして、今回「NIKE」のグローバルでレトロランニングを再フィーチャーするようになったので、ようやく「AIR MAX 1」でエクスクルーシブモデルをリリース出来ることになりました。

- 制作において特にこだわった所は?

Kinetics Koji氏(以下:K) 最近のスニーカーの傾向として白ベース、黒ベースの無難なカラーが一般的に多いので、スニーカーが映えて主役になる様に意識してデザインしています。今季のデザインコンセプトが「PATTERN & PATTERN」なので様々な柄物や、異素材を組み合わせて出来る新たな可能性を感じています。もちろん履いた時のバランスもしっかりと考えています。あと今年はヘビ年なので両モデルともヘビ柄を採用しています(笑)。ヒョウ柄に関してはよりリアルに表現したかったので、NIKEで初となるプリント技法を使っていてハラコ素材やフェイクファーでは出せない独特な雰囲気がうまく出ていると思います。タイガーカモに関してはブラックスウェードの上にプリントをしており、黒い部分は、スウェード素材が見えるように色を抜いてラフな感じを出す様に工夫したりと細部にまでこだわっています。

- どのような人に履いてもらいたいですか?

K スニーカーパラノイア または スニーカーに刺激を求める方に履いてもらいたいです。

- スニーカーパラノイア?

 簡単に言うとマニアなんですけど、スニーカーなら何でも好きというよりも、こだわりを持ったスニーカー好きな人ですね。

- では、一般の人よりもスニーカーが本当に好きな人に履いてもらいたいということですか?

 そうですね。スニーカーが本当に好きな「スニーカーパラノイア」に履いてもらいたいです。

- 現在の日本のスニーカーシーンについてどう思いますか?

K 現在は日本に海外のお客様が増えており、Kineticsでは「Jordan brand」を取り扱っていて、発売日には並びが出ることもよくありますが、現状、以前より並んでいるお客様の外国人の割合が増えています。「JORDAN」や「FOAMPOSITE」は、世界中の人が同じモデルを世界中で買い求めるなんてこともざらにありますしね。

 今のスニーカーシーンはニーズが多様化していて、お客さまも昔より情報が多く簡単に手に入るので、色々なモノに興味が出てきてコミュニティーが細分化されているような気がします。その流れで、売る側としては多様化したニーズを満たすため結局当たり障りのない感じになってきているのかなと思います。スニーカーってもっとトンガっているというか、ぶっ飛んでいるというか、そういうモノがあってもいいと思うのですが、最近ちょっと落ち着いちゃっているんじゃないかなと。そういう意味でも今回の「AIR MAX 1」は「PATTERN & PATTERN」というコンセプトでマーケットに一石を投じたいと思っています。

- 話は変わって、個人的なことをお聞きします。スニーカーはどのような基準で選んでいますか?

K 歴史、テクノロジー、履き心地、話題性など様々な基準がありますが、結局最後はファッション的目線で選ぶので、第一印象で欲しいか欲しくないかですかね。もちろん例外で新しいモデルは別途チャレンジはします。最近で言えば「FLYKNIT」は購入しています。

 第一印象もありますが、レアとかではなくて、あまり人が履いていないモノを選びます。昔は履き心地は全然気にしなかったのですが、最近はちょっと履き心地も気になるようになってきました。「FREE」を履いてみたら調子良いなみたいな。機能美みたいなところにも惹かれます。

- ボリュームのあるスニーカーと細身のスニーカー、今はどちらが気分ですか?

 どちらも履きますね。日によって違います。

K 今は細身のスニーカーですね。

 え?今「AIR JORDAN 1 RETRO」履いてるでしょ?(笑)

K 「AIR JORDAN 1 RETRO」は細身でしょ。(笑)

- あなたのライフスタイルの中でスニーカーとはどのようなモノでしょうか?

K 365日履くもの。ブーツ系は一足も持っていません。「NO スニーカー NO LIFE」。浪花くんパクリ笑

 笑。僕は仕事の道具であり、自分の人生の一部ですね。これでご飯を食べているし、好きなモノでもあるし。「NO スニーカー NO LIFE」。更に浪花くんパクリ笑

- 何でもメッセージがあればお願いします。

 今回の「AIR MAX 1」のスニーカーにフックした「SNAP BACK CAP」と「T-SHIRT」のアパレルも展開していますので、こちらもチェックしてみてください。

K 今回の「Camouflage Collection」を是非コンプリートして下さい。次回もお楽しみに。

NIKE AIR MAX 1 "atmos" "Camouflage Collection"
発売日  : 2013年2月23日(土)発売予定
品番   : 512033-003 , 454746-902
カラー  : Tiger camo/Sneak , Desert camo/Leopard
価格   : 13,650円(税込)

» NIKE AIR MAX 1 "atmos" "Camouflage Collection"

» atmos

Photo02 - Interview with atmos Yuichi Sato x Kinetics Koji